TopPage>ブログの作り方>ブログ記事の下書き保存の誘惑に注意しましょう

ブログ記事の下書き保存の誘惑に注意しましょう

ブログを始めた頃に、ココアがちょっと失敗した経験の一つが、ブログ記事のネタメモのような下書き状態のブログ記事が増えてしまったことです。

ブログ記事を書いていると、どうしても、時間の関係や、内容が整理出来ないなどの理由で、下書き状態のブログ記事が出来てしまいますね。



目次
1.ブログの下書き保存の誘惑に負けないようにしましょう
2.下書き保存のブログ記事には、賞味期限を決めましょう

ブログの下書き保存の誘惑に負けないようにしましょう

無料ブログサービスにしろ、Wordpressにしても、未完成のブログ記事を途中保存する下書き保存機能がありますね。

このブログの下書き保存機能は、機能としては、とてもいい機能なのですが、安易に、下書き保存の誘惑にはまらないよう
にしましょう。


下書き保存の誘惑にはまると、いつしか、ココアのように、Wordpresの投稿一覧に、下書き保存のブログ記事がいくつもある状態になってしまいますよ。

書いていたブログ記事を下書き保存する時には、後で残りの部分を書いて、公開しようと思っていても、下書き保存したブログ記事って、結局、いつまでも下書き保存で公開されることもなく、結果として、無駄に投稿一覧を見づらくするだけのゴミのようになってしまうケースが多いと思います。(ココアだけかもしれませんが。)


下書き保存のブログ記事には、賞味期限を決めましょう

ココアは、ブログ記事を下書き保存する時には、その記事の賞味期限を決めるようにしています。

時間の関係で、書いているブログ記事を下書き保存する時には、ブログのタイトルの一番最後に、この下書き保存記事の賞味期限を入れることにしています。

例えば、このブログ記事を下書き保存する場合には、「ブログ記事の下書き保存の誘惑に注意しましょう(2017/8/3)」のようなブログタイトルとしています。

こうすることで、ブログの管理画面を開いた時に、この下書きブログは、2017/08/03までに完成させないと気づきますし、賞味期限を過ぎた場合には、その段階で、賞味期限を延長するか、削除するか判断できますからね。


尚、下書き保存をブログのネタメモ的に使用できる人も中にはいらっしゃるので、そのような人には無意味かもしれませんね。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*