TopPage>ブログの作り方>アドセンスブログは、まだSSL化しない方がいい?!

アドセンスブログは、まだSSL化しない方がいい?!

少し前に、独自ブログ+Wordpressでブログを書いている場合には、ブログのSSL化は必須ですよとご紹介しました。

しかし、アドセンス広告のアフィリエイトを行っているブログの場合には、ちょっとだけ、注意をしないと、アフィリエイト収益が減る可能性があります。



目次
1.アドセンスブログは、しばらくは、管理画面のみSSL化したほうがいい?!
2.Googleサイトでは、収益が低下する可能性があるという文はなくなりました

アドセンスブログは、しばらくは、管理画面のみSSL化したほうがいい?!

アドセンス広告のアフィリエイトを行っているブログは、まず最初は、管理画面のみSSL化して、公開ページ部分は、非SSLのままで公開した方がいいかもしれません。それは、次の理由があるからです。

SSL対応のアドセンス広告がまだ少ないから
Googleのアドセンスのページでも説明されていますが、まだまだ、SSL対応したアドセンス広告は少なく、公開ページもSSL化すると、表示されるアドセンス広告は、SSL対応したものの中から表示されるので、現在表示されているアドセンス広告が表示されないケースが発生します。そのため、アドセンスのアフィリエイト収益が下がる可能性があります。
2016年3月くらいまでは、Googleのアドセンスサイトには、以下のような文が掲載されていました。

サイトを HTTPS に対応させることを検討している場合は、オークションから SSL 非準拠の広告が除外されることによって、オークションの競争率が低下し、HTTP ページに広告を掲載する場合よりも収益が低下する可能性があることに注意してください。

管理画面は、不正アクセス防止のためSSL化した方がいいから
SSL対応したアドセンス広告が無いからといって、ブログ全体を非SSLとしていると、不正アクセスのリスクが高まります。
WordPressでブログを書かれている人は、まずは、管理画面のSSL対応しておいた方がいいでしょう。

Googleサイトでは、収益が低下する可能性があるという文はなくなりました

2016年11月頃から、Google アドセンスのサイトでは、先程ご紹介した「・・・収益が低下する可能性があることに注意してください。」という文の掲載はなくなり、次の文が掲載されています。

HTTPS 対応サイトでは、広告を含むページ上のすべてのコンテンツが SSL に対応している必要があります。AdSense の広告リクエストは、基本的に常に SSL に対応しており、周辺のサイトが HTTP を使用している場合でも必ず HTTPS 経由で配信されます。また、同じ広告がオークションで競合するため、サイトを HTTPS に変更しても、多くのユーザーに表示される広告やオークションの競争率に影響はありません。ただし、HTTPS トラフィックが遮断されたり、阻害されたりする国のユーザーのみ例外です。

要約すると「ブログの全てのコンテンツがSSL化してあるなら、Https接続が遮断されたり阻害されたりする国以外では、アドセンスの広告のほとんどはSSL化したので、影響はありませんよ。」という内容です。

この分からすると、ssl化することで、収益が低下する明らかな可能性はなくなったようです。

しかし、アクセス数の多そうな検索上位に表示されているアドセンスを行っているブログでも、2017年5月時点で、まだSSL化していないブログも多く見かけます。まだまだ、ブログの公開ページを全面SSL化することに様子見の状態のブログも多いようです。

実は、ココアもアドセンスをメインで掲載しているブログは、管理画面はSSL化していますが、公開しているページについては、SSL化はしていません。Googleのサイトを見ると大丈夫だと思うのですが、公開ページを完全SSL化するには、掲載して画像などアドレスもSSL化するなど手間もかかる上、SSL化して、万一、収益が下がるかもと思うと、公開ページのSSL化に踏み切れないでいます。


いずれは、完全SSL化するのが標準になると思いますので、ブログでアドセンス広告を掲載している人は、今から完全SSL化の準備を少しづつしておくことが肝心かなと思います。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*