TopPage>ブログの作り方>WordPressの投稿ページと固定ページの使い分け方法

WordPressの投稿ページと固定ページの使い分け方法

WordPressの固定ページと投稿ページの違いは、なんとなく分かったけど、固定ページの使い方が分からないということを聞くことがあります。

このページでは、Wordpressの投稿ページと固定ページの使い分け方法について、ご紹介しようと思います。



目次インデックスメニュー
一般的な投稿ページと固定ページの使い分け方
固定ページを使用する時に注意すること
固定ページのプラスアルファの使い方

一般的な投稿ページと固定ページの使い分け方

WordPressの投稿ページと固定ページのの使い分けについては、一般的に次のように言われることが多いですね。

投稿ページ
ブログの記事を追加するときに使用する
カテゴリー毎に関係した記事を書いていく時に使用する
固定ページ
ブログの作者のプロフィールや会社概要を書くときに使用する
ブログの問い合わせページを書くときに使用する
ブログのサイトマップを書くときに使用する

固定ページを使用する時に注意すること

固定ページを作成するする時には、必ず次の点はしっかりと注意しましょう。


固定ページは、設定しないと他のページからのリンクはつかない

固定ページは、別名「独立ページ」とも言われることがあります。それは、固定ページが、ブログの中で、作成者がリンクを作成しないと他のページからのリンクが作られないからです。

つまり、何も考えずに、固定ページを作成しても、ブログの中で、一つぽっつんと独立したページになってしまう危険性があります。

一つぽっつんと独立したページになったら、せっかく固定ページを作成しても、GoogleやYahooの検索結果ページで運よく表示されなければ、だれも閲覧してもらえない可能性があります。たぶん、だれも閲覧してもらえない可能性がかなり高いと思います。


固定ページは、サイドバーやグローバルメニューにリンクを張りましょう

固定ページを作成した時には、ブログのサイドバーやグローバルメニューに固定ページのURLアドレスを張ることを忘れずに行いましょう。

そうすることで、固定ページが独立した離れ小島にならずに、ブログを訪問してもらった人にもその固定ページの存在が分かりますし、閲覧してもらう可能性も発生しますからね。


固定ページのプラスアルファの使い方

固定ページは、先ほど一般的な使い分けでもご紹介したように、プロフィールや問い合わせなどのページを作成する時に使用するのもいいですが、
ブログの記事が少し増えてきたら、カテゴリー別にカテゴリーとなっているサブテーマの固定ページを作成してみるといいと思いますよ。

このゼロから始めるブログでアフィリエイトの初め方も、投稿件数の増えたカテゴリーがあると、そのカテゴリーの紹介的なページを固定ページで作成しています。

例えば、「アフィリエイトの初め方」は、固定ページで、それまで書いた投稿ページの紹介ページとして作成したものです。


固定ページは、複数のカテゴリーにまたがったサブテーマの紹介ページにもなる

固定ページのプラスアルファの使い方の一つに、複数カテゴリーにまたがったサブテーマの紹介ページを固定ページで作成するのもいいと思います。

投稿のカテゴリー分けをしてみたけど、内容的には、複数のカテゴリーに密接に絡み張っている投稿ページなんてのもあると思いますので、そんな時には、固定ページで目次やインデックスメニューを作成して、ブログの訪問者への案内ページにしてみるのもいいかなと思います。




2 Responses to WordPressの投稿ページと固定ページの使い分け方法

  1. hiro より:

    せっかく作成したページは、
    その存在をアピールしておきたいですね!
    URLを貼るの忘れがちですが・・
    再度、確認してみたいと思います!
    記事、参考になりました
    またお邪魔させて頂きます^^

    • ココア より:

      hiroさん コメント&訪問ありがとうございます。

      そうなんです。固定ページは、ちょっとリンクに気をつけないと1人ぼっちになってしまいますからね。
      でも、慣れるといろいろと便利なところも固定ページにはあるんですよね。

      時間のあるときに、また訪問して見てくれるとうれしいです。

hiro へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*