TopPage>ブログの基礎知識>ブログとホームページの違い

ブログとホームページの違い

ブログとホームページとWebサイトって、それぞれ何が違うのって、時々質問される時があります。

インターネットが一般的になってきた頃は、テレビCMで、詳しくは、ホームページでと言われていましたが、最近では、詳しくはWeb(ウェブ)でと言っていますよね。

何となく気にせずに聞いているけど、実際のところ、本当は、ブログとホームページとWebサイトの違いってよく分からない。という人も多いと思います。

ここでは、ブログを作り始めようとしている人に、ブログとホーム―ページやWebサイトの違いについて、分かりやすくご説明しています。


Webサイトは、インターネットで見ることのできる1かたまりのページのこと

ブログとホームページとWebサイトを簡単に理解するには、まず、Webページという言葉から考えるとよくわかります。



Webページは、インターネット上で公開されている情報ページ

Webページとは、インターネット上で公開されている情報ページのことです。Web(ウェブ)=インターネットのページという意味ですね。

今、ご覧の「プログとホームページの違い」というブログ記事もWebページになります。


Webサイトとは、Webページのかたまり

Webサイトとは、先ほどご説明したWebページの一つのまとまったページのことを指します。

この「ゼロから始めるブログでアフィリエイトの始め方」のWebサイトの一つになります。


ホームページとは、Webサイトの最初のページのこと

ちょっと混乱すると思いますが、本当は、ホームページとは、Webサイトの最初のページのことを指します。

ホームページとは、そのWebサイトの中心のページ(ホームになるページ)という意味があるのです。

インターネットの普及の時に間違った理解でホームページが理解されてしまった

先ほど、ご紹介しましたように、ホームページとは、Webサイトのホームになる最初のページのことを言いますが、インターネットが普及した時に、マスコミなどがよく分からない内に、Webページのことをホームページというように書いたり、言ったりしたので、なんとなく、Webサイト=ホームページのように理解されてしまったのです。

そのために、ブログもホームページもWebサイトの一つなのに、なんだかまったく別のようなものとして、理解されてしまったということになります。


ブログは、時系列の記録帳

ブログは、次の機能を持った時系列の記録帳のようなWebページのことです。


ブログは、専門知識をあまり覚えなくても簡単に作ることが出来る

ブログとホームページの一番の違いは、先ほどご説明したブログの機能ではなく、ブログを作る方がホームページを作る事より簡単だという点です。

Webサイトを作成するには、実は特別な知識やソフトが必要なんです。
ブログが一般的になる前は、専門の人がHTML構文なんて難しい専門知識を駆使してWebサイトのページを作っていたんですね。

そこで、もっと簡単に作れないかとしてできたのが、ブログという仕組みなんです。

先ほどご説明したように、ブログとは、時系列の記録帳なので、いちいち一つのWebページを作るのに、HTML構文なんて書いていたら面倒なので、特別な知識や専門ソフトが無くても簡単に、一つの記事単位でWebサイトを作れる仕組みになっているんです。

このおかげで、一般の人でもインターネットにWebサイトを作ることが簡単に出来るようになったというわけですね。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*